AdWords、リマーケティング徹底攻略

2010 年 9 月 9 日

リマーケティング機能は、2010年4月よりAdWordsで利用することができるようになったディスプレイネットワークの配信方法の中の1つです。まだ試したことがない、なんて方も多い機能なのではないでしょうか?今回はそのリマーケティング機能をセッティング方法から、どのような活用に適しているのか、等を徹底解説したいと思います。

リマーケティングは、既存のヘルプや資料だけの情報で有効活用するのはほぼ不可能に近いです。
 

リマーケティングとは?

自社のサイトにアクセスしたことのあるユーザーをターゲットとし、Googleディスプレイネットワークの機能を利用して、ピンポイントで追跡できる機能、それがリマーケティングと呼ばれるものです。

つまるところ、リマーケティングタグと呼ばれる短いコードを、特定のページへ仕込んでおき、そのページへアクセスしたユーザーをリストとして溜め込みます。そのリストがある一定数(500ユーザー)を超えると、リマーケティングの発動が可能となります。

※注意
2011年10月現在、ユーザーリストは100人以上と変更されたようです。
https://adwords.google.com/support/aw/bin/answer.py?hl=ja&ctx=tltp&answer=171246

リマーケティングのメリット

リマーケティングのメリットは、一度自社のサイトにアクセスしたことのあるユーザー(リマーケティングタグ挿入後)を追跡できるという部分に他なりません。一度自社のサイトにアクセスしたことのあるユーザーというのは、少なからず商品やサービスに興味を持ったユーザーであるということが考えられるからです。そのユーザーを狙い撃ちできる広告というわけですね。

ちなみに、一度コンバージョンしたユーザーをリマーケティングの対象外と設定することも可能ですし、カートに商品を入れたけど、コンバージョンにいたらず離脱したユーザーに向けて「なんでカートに入れたのに購入しないの?」という恐ろしい訴求も可能です。

リマーケティング設定方法

Remarleting-1
通常のキャンペーン作成時と同様にキャンペーンを作成しますが、この場合、他のキャンペーンとはことなり、特にキャンペーンタイプを選択することはありません。このまま[予算]を設定し、[保存]して先に進めてみましょう。

Remarleting-2
広告グループ作成の欄に来たら、[広告グループ名]を入力し、[広告の作成]内の[イメージ広告]を選択します。
※リマーケティングでは、テキスト広告でも設定可能ですが、通常のGoogleディスプレイネットワーク広告とは異なり、一度サイトを訪れたユーザーが対象となるため、”気づき”を与えるためにも、目立ちやすいイメージ広告での訴求のほうが効果的と言えます。

Remarleting-3
[デフォルトの単価]を入札します。

Remarleting-4
[イメージ広告]を複数登録。
ここではできるだけすべてのサイズのバナーを設定することで、露出に制限がかかりにくくなります。この考え方はGoogleディスプレイネットワークにてイメージ広告を使用する場合と同様ですね。広告文、イメージ広告の登録がすべて終われば、[保存]

Remarleting-5
そして、先ほど広告文、イメージ広告を登録したキャンペーンにて[ターゲットユーザー]タブをクリックして、[ユーザー層を追加]します。
※[ターゲットユーザー]タブが出現していない場合は、[ディメンション]から導き出してください。

Remarleting-6
初めのうちはこの項目には何も追加されていません。ここでは[リストの作成と管理]より、新しいユーザー層を作成します。

Remarleting-7
[リマーケティングリストの名前]を入力します。ここでは特定のサイトのTOPページへ訪問したユーザーを対象とする為、名称を[TOP-訪問]とわかりやすくしました。ご希望で構いませんよ。

また[有効期限]はcookieの有効期限を表しています。デフォルトでは30日間を有効としていますが、最大で540日まで設定が可能です。ご希望の日程を入力して[保存]。

Remarleting-8
すると、上記のような画面に切り替わります。ここで青文字で表示されているものは先ほど作成したタグを表していますので、クリックします。

Remarleting-9
上部でページのセキュリティレベルを間違いないように選択し、コードをコピーして、任意のページへ貼り付けます。基本的にはGoogleAnalyticsの設置しているbodyタグ内などで問題ありません。
※リマーケティングこのまま開始してしまうと、特定のサイトのTOPページから訪問して、コンバージョンしたユーザーをも追跡してしまうことになります。そこで、ここからはコンバージョンをしたユーザーを対象外とするための設定を行います。

Remarleting-6-2
更に続きます。少し前と同じ工程に戻り、[ターゲットユーザー]タブをクリックして、[ユーザー層を追加]します。

Remarleting-10
[リマーケティングリストの名前]を入力します。ここでは特定のサイトのTOPページから訪問して、コンバージョンになったユーザーを対象外とする為の設定を行いますので、名称を[TOP-訪問-CV]などとわかりやすいものにしましょう。

更に[既存のタグから選択]にラジオボタンを合わせると、新しい項目が現れます。ここは[利用可能なタグ]と表示されていますね。この[利用可能なタグ]とは、AdWords内にてコンバージョン定義している、すべての項目が現れます。この際に選択するタグは、今からリマーケティング設定を行おうとしているカテゴリー層のコンバージョンレベルを選択して[保存]

※注意点
AdWordsではYahoo!リスティング広告とは異なり、複数のコンバージョン設定が可能です。例えば、不動産関連でいえば、資料請求、メール相談、お申込みなどの3つがコンバージョンとなる場合、それぞれどのようなキーワードがどのようなコンバージョンへ結びついたのかを分析することが可能です。

上記リマーケティングを不動産サイトにて利用する場合、資料請求、メール相談を行ったユーザーは、実質的なコンバージョンにはなっていない為に、リマーケティングは有効に働くと予測できますが、実際にお申込みになったユーザーへのリマーケティングでの追跡は迷惑になるだけですので、対象外として設定するべきなのは容易に想像ができると思います。その為、上記では【お申込み】のコンバージョンを達成したユーザーカテゴリーを選択するようにしましょう。

リマーケティングではこのような細かい設定が可能なのです。

Remarleting-11
すると、[TOP-訪問-CV]とした新しいセグメントができます。

Remarleting-12
まだまだ続きます。[新しいユーザー層]のプルダウンから[カスタムの組み合わせ]を選択します。ここでは始めに設定した2つのセグメントを掛け合わせる、重要な作業を行います。[組み合わせの名前]は[TOP-リマーケティング]などの分かりやすいものがいいでしょう。

Remarleting-13
更に[含まれるユーザーまたは関心のあるユーザー]内で予め作成したユーザー層を選択できるようになります。

Remarleting-14
上部赤枠では、[これらのユーザー層すべて]+[ユーザー層を選択:TOP-訪問]とします。下部赤枠では、[これらのユーザー層以外]+[ユーザー層を選択:TOP-訪問-CV]として保存します。

※アドワーズ 広告 ヘルプ
リマーケティングリストはAND、OR、NOT 条件で組み合わせることができ、特定のユーザー層をターゲットにすることができるのです。つまり、上記の2つの作業では下記のように設定したこととなります。

  • [これらのユーザー層すべて(AND 条件)]+[ユーザー層を選択:TOP-訪問]
  • [これらのユーザー層以外(NOT 条件)]+[ユーザー層を選択:TOP-訪問-CV]

これらは、【TOP-訪問に訪問したユーザー層全てから、TOP-訪問-CVに訪問した(コンバージョン達成した)ユーザーを抜く】というセグメントを選択したことになります。

Remarleting-15
[ターゲットユーザー]タブから、広告配信する広告グループを選択し、[ユーザー層を追加]

Remarleting-16
左から、[カスタムの組み合わせ]を選択し、先ほど作成した[TOP-リマーケティング]を追加して保存すれば、任意のページへ訪問したがコンバージョン達成していないユーザーへリマーケティング広告を配信することが可能となります。

AdWords、リマーケティング徹底攻略/まとめ

いかがでしたでしょうか?かなりのボリュームでしたが、リマーケティングの設定はこのように少々ややこしく、これ以上の近道は存在しませんので、セッティングの際になど、読み返して頂ければと思います。

更にリマーケティングは今回解説した[任意のページへ訪問したがコンバージョン達成していないユーザー]というセグメント以外に、さまざまなアプローチ手段があります。個人的にもいろいろなパターンを考えながらトライしておりますので、是非ともさまざまなセグメントで対応してみましょう。

また、さまざまなやり方が考えられますが、セグメントし過ぎてややこしくなるよりもまずはTOPページに訪問したユーザーから初め、効果が上がるようであれば新しい取り組みへ進んでいきましょう。

個人的にはパスの長い(検討期間の長い)商材には非常に効果があると感じており、リマーケティングは非常に費用対効果の良い施策になります。

※この記事は2010年9月に書かれたものです。

このブログをRSSに登録する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

AdWords、リマーケティング徹底攻略へのコメント

komura

リマーケティングの設定方法を色々調べたりしたのですが、なかなか分からずに苦労しました。 が、このサイトの内容は素晴らしいです。 素人でも大変わかりやすく感謝です。

ここで1つ質問ですが、
アドワーズにてリマーケティングを設定する際に、
キーワードの設定はした方がいいのでしょうか?

リマーケティングを利用して、自社HPにアクセスしてくれたユーザーのみをターゲットにしたいのですが、可能でしょうか? 
その際に、手動プレイスメントで設定するか、自動プレイスメントで設定するか、どちらが良いのでしょうか。

以上、勝手ではありますが、助言いただけましたら幸いです。 

2010/09/24 01:05

SEMマスター

komura様

コメントありがとうございます!
リマーケティングについてご解答させていただきます。

まず、キーワードの設定は行わない方が良いでしょう。
キーワードの設定を行ってしまうと、余分なセグメントが発生してしまうためです。
純粋に自社サイトへ訪れたユーザーを追いたいということであれば、キーワードの設定はいりません。

また、自社HPにアクセスしてくれたユーザーのみをターゲットにということであれば、
この記事の手法どおりに設定すれば問題ございません。
リマーケティングに関しては、手動プレイスメントで設定するか、自動プレイスメントで設定するか
といった概念は存在しません。

よろしくおねがいします。

2010/09/24 05:27

komura

メールありがとうございます。大変分かりやすく説明していただきありがとうございます。感謝です。

あと、ひとつ質問ですが、上記設定の場合 
入札単価はどうように考えたらいいのでしょうか?

キーワードを設定するのではないのでそうすればいいのでしょうか? 

ご回答いただけると幸いです。 

2010/09/25 01:31

SEMマスター

プレースメントと同様の考え方でよいです。
いわゆる他の広告の広告ランクを上回らなければ表示されません。

2010/09/26 20:54

komura

アドバイスありがとうございました。感謝です。

大変わかりやすく説明していただき助かりました。

10月に発売の本も予約しました! 

なお、「プロが教える Google Analytics 実践テクニック」も購入していました。

Analytics関連の本の中で、一番わかりやすく参考になりました。素人でも理解できました。ありがとうございます。

今後とも、良い本を出版してくださいね。 

 

 

2010/09/28 19:51

SEMマスター

komura様

コメントありがとうございます!
書籍の方もありがとうございます!

少し前の書籍なので、不明な点があればご質問くださいませ!

2010/09/29 17:50

komura

なんどもすみません。 

上記のように設定したのですが、リマーケティングで認識されているかどうか? 正しく完了できているかどうか? を確認する方法はありますか?

一応 ユニークユーザーが500を越えているのですが、
表示回数が確認できていないのすが、 これはどうしたらよいでしょうか?
 

良きアドバイスをお願い致します。 

2010/09/30 17:31

SEMマスター

遅くなりました。
上記どおりに設定できているのであれば問題ありません。

表示回数が確認できないのは入札のオークションに負けているからだと思います。
入札単価を上げて様子をみてみましょう。

リマーケティングはプレースメントと同様に、ある程度入札価格を高めなければ配信されにくいです。

2010/10/02 06:57

komura

ありがとうございます。 
入札単価を1200円にしているのですが、単価はこんなものなのでしょうか?これ以上なのでしょうか?

ターゲットユーザーのなかの、グローバル ユーザーが530になっているので、これはユニークユーザーが500以上になっているので認識はしているんですよね?

あと、阿部さんの本は明日届く予定です。楽しみです。

よろしくお願い致します。

2010/10/03 19:46

SEMマスター

理論上530では発動しますが、圧倒的に少なすぎます。
そもそも530人が様々な箇所にいかないかぎりインプレッションが発生しません。

入札も業界によるのでなんともいえませんが、もっとユーザーデータを取得できてからでも遅くはありませんよ。
あと、広告文の審査も通っているかなどもご確認くださいませ。

2010/10/03 20:49

nori

2011年8月に入って、GoogleAdWordsのリマーケティング広告の設定を初めています。このページを参考に出来てとても助かりました。ありがとうございます。

記事に従い一通り設定を完了させましたが広告が表示出来ません。
広告を表示させる前段階として「コントロールパネルとライブラリ」「ターゲットユーザー」の欄にて【ユーザー数】が空欄のままです。

行ったこと。
「ターゲットユーザー」欄にて、[タブ]をクリックして、リマーケティングコードを取得、取得したコードをランディングページへ記載、該当ランディングページをブラウザで開き、クッキーを取得しているのを確認しています。
少なくとも自分の分だけでも「1」になると思います。

躓いた所
[イメージ広告]を複数登録。後の[リマーケティングリストの名前]を入れる段階で、「名称」「有効期限」を入力して【保存】を押し、「ターゲットユーザー」の欄になっても、タグが表示されておらず鉛筆のアイコンをクリックして、「利用可能なタグ」を追加しました。
「利用可能なタグ」を追加したことで、タグが表示され、リマーケティングコードを取得することが出来ました。

個人的には、ターゲットユーザーの設定で間違っているように思います。何かアドバイスを頂けると幸いです。

質問
1,「ターゲットユーザー」の設定は削除出来ないでしょうか、削除の代わりに「クローズ」にずれば良いでしょうか。

2,「ターゲットユーザー」作成時の「タグ」とは具体的に何を指しているのでしょうか。

多分「タグ」を理解出来ていないのが原因だと思っています。

2011/08/06 12:57

SEMマスター

noriさん

>「ターゲットユーザー」欄にて、[タブ]をクリックして、リマーケティングコードを取得、取得したコードをランディングページへ記載、該当ランディングページをブラウザで開き、クッキーを取得しているのを確認しています。
少なくとも自分の分だけでも「1」になると思います。

残念ながらそういったミニマムな数字はでません。もともと完璧なシステムではないので過剰にGoogle AdWordsを信用せぬようにしましょう。

>躓いた所

Google AdWordsは常にアップデートされていますので、記事の執筆時点の日付をご確認ください。

質問1、
一般のアカウントでは削除はできません。使わないのであればクローズで良いです。

質問2、
ご質問の意味が解りかねています。
タグはタグですね。

よろしくお願い致します。

2011/08/09 09:24

nori

SEMマスター 様

アドバイスをありがとうございます。

「ユーザー数」に関して、質問後24時間以上経過したらカウントされました。

記事を公開された時と、現状は仕様が少し変わっている可能性があるのは理解
しているつもりでしたが失礼いたしました。

設定は間違っていないと思います。
もう少し様子を見てみたいと思います。

2011/08/09 12:05

shim

いつも参考にさせていただいております。
私もリマーケティングにチャレンジしてみようと色々と調べてこちらの記事にたどり着きました。

1点気になることがありましてコメントさせていただきます。

>ある一定数(500ユーザー)を超えると、リマーケティングの発動が可能となります。

と書かれていますが、下記ヘルプを見ると100ユーザとなっているようです。(仕様変更?)

もし私の認識違いでしたら申し訳ございませんm(_ _)m

——————————
https://adwords.google.com/support/aw/bin/answer.py?hl=ja&ctx=tltp&answer=171246

リストのユーザーに対して広告が表示されるには、リマーケティング リストまたは組み合わせリストに 100 人以上のユーザーが必要です。
————————————

2011/10/04 12:23

shim

度々申し訳ございません。
1年前の記事であることに今気づきました。。
先ほどのコメントは流して頂けますと幸いですm(_ _)m

2011/10/04 13:12

SEMマスター

shimさん

コメントと捕捉、ありがとうございます!
助かりました!

1年前の記事になりましたが、ユーザーリストが100になっていたのは気づきませんでした。
助かります。

今後ともよろしくお願いします!

2011/10/04 14:41

田村義隆

これむちゃくちゃすごい記事ですね。素晴らしいです!

2011/10/07 14:46

SEMマスター

田村さん

何よりのコメントです!ありがとうございます!

2011/10/08 09:47

AdWords、リマーケティング徹底攻略へのトラックバック/ピンバック

リマーケティングのタグ考察(2/3) | AdWords API 使ってるんですが…

[...] SEM-LABO: AdWords、リマーケティング徹底攻略 実際の画面を確認しながら、使い方をやさしく学べる良記事だと思いました [...]

2010/09/25 19:26

フリークエンシーキャップで配信を抑制する方法 | SEM-LABO

[...] 尚、リマーケティングについてはAdWords、リマーケティング徹底攻略という記事で、プレースメントターゲットについてはプレースメントターゲットでお好きなサイトへ広告配信する方法 [...]

2010/10/06 05:25

プレースメントターゲットでお好きなサイトへ広告配信する方法 | SEM-LABO

[...] 上記は前回のワークショップで使用した、AdWordsのディスプレイネットワークの概念図です。 ディスプレイネットワーク(旧コンテンツネットワーク)という大枠の中に、広告の配信手法としてコンテンツターゲット(自動プレースメント)、プレースメントターゲット(手動プレースメント)、リマーケティングがあります。それらの配信フォーマットとして、テキスト広告、イメージ広告、動画広告が存在しています。 [...]

2010/10/24 13:24

あまり知られてないディスプレイネットワーク(リマーケティング&トピック)の正しい設定方法 | グーグル アドワーズ ラボ

[...] に、更にリマーケティングの設定を加えるとどうなるかということです。(そもそもリマーケティングの設定がよく分からないという方は、SEM LABO の記事を参考にしてみてください。) [...]

2011/06/02 09:01

インタレストカテゴリーマーケティング(ICM)の設定方法と徹底解説 | SEM-LABO

[...] グを見るだけではなかなか設定方法がわからない、どんな風に利用すればいいのかわからない、といった方に向けて、リマーケティング同様、設定方法と徹底解説をしたいと思います。 [...]

2011/06/27 05:11

すべらな~い集客方法(未来への架け橋-第三レイヤー編) | 東京WEB迷子

[...] リターゲティング広告についての参考リンク Google AdWords 「リマーケティング機能」を使ってますか? AdWords、リマーケティング徹底攻略 [...]

2011/08/15 11:10

リマーケティングが発動しない3つのケース+2 | SEM-LABO

[...] そもそも、リマーケティングの設定で誤っていることも多いので、AdWords、リマーケティング徹底攻略を参考にしていただき、再度設定を見直してみよう。この記事自体はもう1年以上も [...]

2011/09/12 05:18

あなたのリマーケティングがうまく機能しない3つの理由 | SEM-LABO

[...] 参考 ・AdWords、リマーケティング徹底攻略 [...]

2012/03/02 07:01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">